みつばち花粉の食べ方【マヌカハニーを徹底比較してみました】

みつばち花粉の食べ方

みつばち花粉なんて見たことも聞いたこともないので、どのように食べればいいのか、戸惑うという方のために、
みつばち花粉の基本的な食べ方や、たべるタイミング、おすすめな食べ方についてご紹介します。

 

みつばち花粉の食べ方【マヌカハニーを徹底比較してみました】

 

みつばち花粉の基本的な食べ方

みつばち花粉は、一回につき茶さじ1〜2杯を直接またはヨーグルトなどに混ぜて食べるのが基本的な食べ方となります。
はちみつ花粉は、天然の独特な風味とほのかな花蜜の甘味を味わえます。
はちみつ花粉は、生産地のニュージーランドでは一般に野菜サラダなどにふりかけたり、パンやクッキー作りなどのアクセントに利用されていますが、アイデアしだいで多様な利用方法があります。
はちみつ花粉は、食品ですので量や方法につき特に摂取に関して決まりというものはありません。
ですから、はちみつ花粉は薬との併用も問題ありません。
ただし、はちみつ花粉は、天然産品ですので採取中シーズンによっては、ミツバチが採取した20種以上の野生花中の花粉に一部、苦味成分が含まれる花粉もあります。
花粉の苦味は植物ポリフェノールに由来し、また、前立腺疾患予防や免疫力向上に有用な成分が多く含まれます。さらに、マヌカハニーと合わせて摂取することによって、効果が高くなることも期待できます。

 

みつばち花粉の食べるタイミング

みつばち花粉は食べ物ですので、いつ食べても問題はありませんが、摂取するタイミングを工夫するだけで、効果を最大限に発揮できますので、ご紹介します。

  • 疲労時

疲れているときは、体に必要な栄養素が十分に足りていない状態ですので、完全食品であるみつばし花粉を摂取することで、疲労を早く回復することができます。

  • 起床時

1日がスタートする朝は、疲労がたまっていると、一日元気に過ごすことができませんので、起床時に摂取するのもおすすめです。特に朝食にみつばし花粉を取り入れると、吸収効率がアップします。

  • 空腹時

空腹時は食べた時の吸収率が上昇しているため、おすすめです。ダイエットにも効果があるため、ダイエット補助食品として活用するのもいいでしょう。

 

みつばち花粉のおすすめの食べ方

みつばち花粉は本来であれば、そのまま食べるほうが加工されずに100パーセント取り込むことができるのですが、どうしても味が馴染めない方へのおすすめの食べ方があります。

  • みつばち花粉を牛乳や、紅茶、コーヒーと合わせて飲む
  • マヌカハニーやハチミツに混ぜて食べる
  • ヨーグルトに混ぜて一緒に食べる
  • サラダなどにかけて食べる

 

ぜひ、みつばち花粉を食事に取り入れて積極的に食べてくださいね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ