ローヤルゼリーの食べ方【マヌカハニーを徹底比較してみました】

ローヤルゼリーの食べ方

ローヤルゼリーは非常に健康増進にとって効果的な食品ですが、より効果的に摂取するための方法やタイミング、おすすめの食べ方についてご紹介します。

 

 

ローヤルゼリーの基本の食べ方は?

スプーンに2杯分を直接食べるか、もしくはぬるま湯、牛乳などと一緒に食べましょう。
食品ですので摂取量や方法につき特に定めはありません。
1日2〜3回を目安にしていただき、疲れを感じているときは、回数、量とも増して頂くと良い結果が得られます。また薬剤との併用も特に問題ありません。
尚、味、香りなどお好みに合わない方は、ハチミツと混ぜて食べることによって、とても食べやすくなります。
しかも、ハチミツと混ぜることによって、常温でも保存できるようになります。
さらに、ストロングマヌカハニーにローヤルゼリーをよく混ぜると、常温保存できさらに、半年間保存がきくようになります。マヌカハニーと一緒に食べることで、ローヤルゼリーの持つ効果が相乗活性し、活性力が大きく増強されます。
蜂蜜との混ぜることによって、常温保管ができ冷蔵庫への保存が必要なく常に手元に置く事ができるようになるため、外出・旅行先などへも携帯出来るようになります。すると、毎回の摂取を忘れず食べることができます。

 

おすすめのタイミングは?

1日3回が基本ですが、食前など、空腹時に摂取すると、吸収率が非常に高くなるためおすすめです。
さらに、疲れがたまっているときに摂取することで、ローヤルゼリーの持つ効果によって、疲労を回復してくれます。
朝起きたすぐにローヤルゼリーを摂取すると、有効成分が体内をめぐり、一日、元気なまま過ごすことができます。
さらに、就寝前に生ローヤルゼリーを食べると、一日たまった疲労を回復してくれることも期待できますのでおすすめです。

 

おすすめの食べ方は?

先ほど説明したように、白湯や牛乳に混ぜて食べるのもよいですが、ヨーグルトなどにハチミツと一緒に混ぜて摂取することによって、気になる味もマイルドになり、おいしく食べることができます。
慣れた人では直接パンなどに塗って食べる方も多いようです。

 

生ローヤルゼリーを食べるときの注意点

生ローヤルゼリーを食べるときには注意点があります。それは加熱を加えないということです。
熱を加えてしまうと、有効成分が破壊されてしまう恐れがあるので、注意が必要です。
熱湯などに混ぜるということは避けましょう。
ハチミツと混ぜればハチミツと同様の食べ方ができますので、ぜひハチミツと同じように生ローヤルゼリーも食べてみてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ