プロポリスの食べ方【マヌカハニーを徹底比較してみました】

プロポリスの食べ方

プロポリスは天然の抗菌作用もあり、プロポリスに含まれるフラボノイドが血管を強くし、抗ストレス作用等によって免疫力を高めてくれるということが分かっていれも、実際にはどのように食べればいいのかわからないという方は多いのではないのでしょうか。
普通のハチミツのように食べてもいいのか、プロポリスの食べ方についてご紹介します。

 

 

基本的なプロポリスの食べ方は?

スタートとしてコップ半分(約100cc)の白湯に、スポイドで5〜15滴を滴下しよく混ぜて飲みましょう。 
その後、体調に合わせ最も効果的な量(通常10から20滴)を自分で探してみましょう。
その人の体格による違いによって、量が少なかったり、多かったりします。
プロポリスを水面にたらすと、樹脂成分が膜状に浮きますが、これも有用成分ですので一緒に飲むようにしましょう。
容器に付着した樹脂分は、クレンザーなどで落とせますが、汚れがなかなか落ちにくいため、専用のコップを決めたり、使い捨ての紙コップなどを使用すると便利です。
プロポリスは、食品ですので量や方法につき特に定めはありませんが、1日2〜3回を目安にしていただき、また薬剤との併用も特に問題ありません。
さらに、マヌカハニーと一緒に飲むと、相乗作用が生まれ非常に有用性が期待できるようになります。
プロポリスとマヌカハニーの組み合わせは天然の活性物質として最強の有用性が期待できます。
マヌカハニーと一緒にプロポリスを混ぜると、希釈水を必要とせず非常に混合が容易で、プロポリス抽出液が摂取し易く、容器に樹脂分が付着し難くもなりお勧めです。

 

プロポリスの味が苦手という方にはヨーグルトなどと一緒に摂取するのもおすすめ

プロポリスの独特の味がどうしても、苦手という方には、ヨーグルトと一緒に摂取すると、食べやすくなります。またその際に、マヌカハニーを一緒に混ぜると、味もマイルドになり、しかも効果は相乗効果で、大幅にアップします。
ヨーグルト以外にも、リンゴジュースや野菜ジュースと一緒に摂取するという人もいます。
牛乳に混ぜても問題ありません。
味に慣れてきた方の中には、ハチミツのように、パンに直接塗って食べるという人も珍しくありません。

 

プロポリスの食べるときに大切なこと

プロポリスを食べるときに大切なことは、毎日続けて食べることです。毎日摂取することで、効果を発揮します。長く続くように、自分にあった食べ方を見つけるのが一番です。
自分にあった食べ方を見つけて、毎日プロポリスを摂取してください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ