プロポリスとは?【マヌカハニーを徹底比較してみました】

プロポリスとは?

プロポリスとは、日本では「蜂ヤニ」と呼ばれ古くから知られているものです。ハチミツやローヤルゼリーと同様ミツバチが樹木から集めた樹脂を原料にて作られるワックス状のものです。
このプロポリスはどのようなものなのかご紹介します。

 

 

プロポリスは抗菌作用を持つ

プロポリスは、樹液をもとに作られます。木は何年も長い間成長を続け、ずっと立ち続けていますが、これは樹木を構成する樹液に抗菌力を備えているからです。ですから、何十年、何百年と樹木は成長を続け、生き続けることができます。
この抗菌力をもつ樹液をミツバチはうまく活用しています。ミツバチの巣の入り口や、通り道は、ミツバチが病気などをしないように、プロポリスで作られています。このプロポリスで通り道を作ることによって、ミツバチの巣の中は、無菌状態を保つことができます。

 

プロポリスの生産はかなり難しい

ハチの巣に悪い菌が増殖すると、たちまち、その巣のミツバチは全滅してしまいます。そのため、無菌状態にするプロポリスは非常に巣を守り、女王蜂を育て、子孫をのこしていくために非常に大切な役割を果たしているといえます。このプロポリスは、自然発生するものであり、かなり希少です。ローヤルゼリーやハチミツとは異なり、なんと約4万匹から5万匹ほどの巣から、たった年間40グラムから50グラムしか採取できません。
さらに、プロポリスは自然発生するものであり、人が培養したり、人工的に増やすということはできないため、大変貴重なものといえます。

 

プロポリスにはリラックス効果がある

プロポリスには、フラボノイドと呼ばれる物質を多く含みます。
フラボノイドとは、神経をリラックスする効果を持ち、抗ストレス作用があります。
さらに老化の原因とされる過酸化脂質を抑える作用があるとされています。
またフラボノイドの一種であるケセルチンには、ガンの温熱治療の効果を高める働きがあるとされています。
プロポリスに含まれるフラボノイドは、柑橘類よりも多く、種類も豊富とされています。
フラボノイドに含まれるビタミンPはビタミンCと併用することで、血管を強くし、さらには感染症やリウマチなどにも効果があるということがわかってきています。

 

プロポリスを摂取することで、健康増進はもちろん、病気も予防できる

プロポリスは、かなり希少価値が高いものの、その分、抗菌作用が高く、健康増進はもちろん、様々な感染症の予防にも非常に効果的です。
普段風邪を引きやすい方や、健康が気になり、なるべく薬に頼りたくない方にはプロポリスはおすすめといえるでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ