マヌカハニーはなぜニュージーランドなのか?【マヌカハニーを徹底比較してみました】

マヌカハニーはなぜニュージーランドなのか?

 

マヌカ木はニュージーランドのみ自生しています

 

ニュージーランド北島部は太古から続く自然が姿を変えず、今もそのまま残っている貴重な場所です。

 

その大自然に囲まれた森林の中にあるマヌカの木に咲く花の蜜こそがマヌカハニーの正体となります。

 

フトモモ科の常緑低木であるマヌカの木は、大自然を誇るニュージーランドの中であっても限られた一部の地域でしか自生しない貴重な木です。

 

また、ニュージーランドでオーガニックについての基準が厳しい国ですから、食用するマヌカハニーが育つ原生林は農薬や化学物質などに汚染されることなくマヌカ木が育っています。

 

マヌカハニーは豊かな土壌で育ったマヌカ木からのたまものだといえます。

 

マヌカハニーは薬としても重宝されています

 

「マヌカ」にはマオリ語で「復活の木」と言う意味があります。
ニュージーランドの先住民マオリ族はマヌカの葉、樹皮そしてマヌカの白い花から採取した蜂蜜を、治療薬として日々の生活に用いてきました。

 

現在の日本では約8割がピロリ菌感染者だとも言われていますが、ニュージーランドではピロリ菌で陽性と判断された人々がマヌカハニーを食べて良くなるというケースもあるなど、現地では身近な医薬品としても愛されています。

 

マヌカハニーには高い抗菌作用がありますので、副作用を伴うことなく自然にピロリ菌を減らす事ができるだけでなく、腸内環境の改善、風邪予防など幅広い効果を期待することができます。

 

また、ピロリ菌だけでなく病院でマヌカハニーを治療に使用し、効果がでているという報告があるなど、マヌカハニーに秘められた底知れぬパワーはこれからも様々な場面の活躍が期待されています。

 

マヌカハニーは子どもの虫歯や風邪の予防にも効果あると言われています。
大人も、子どもも日々の生活にマヌカハニーを取り入れることで、家族まるごと健康に暮らしていくことができるでしょう。
(※はちみつですので、1歳未満のお子様には与えないでください)

 

ニュージーランドだからこそ、安心安全です

 

ニュージーランド産のマヌカハニーは安全性が非常に高いと言われています。

 

その一番の理由に、ニュージーランドではミツバチの病気予防の為に抗生物質を使用する事を法律で禁止していることが挙げられます。

 

それだけでなく、ニュージーランドから2,000q以内には大陸がなく、病原菌が入りにくいことに加え、ミツバチの検疫をきちんと実施していることも大きな安心材料だといえるでしょう。

 

また、ニュージーランドでは、マヌカハニーに含まれる成分の天然メチログリオキサール(MGO)を基準とした格付け方法に従い、正確にマヌカハニーのグレードを測定しているほど品質に厳しい国です。

 

優れた環境で育ち、チェックをくぐり抜けて日本へと届けられた100%純正のマヌカハニーだからこそ、常温で保存することができ、年齢を問わず安心して使用することができるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ