マヌカハニーの効果・効能【傷、やけどの治癒】

マヌカハニーの効果・効能【傷、やけどの治癒】

マヌカハニーはニュージーランドだけに自生する花から採れる「奇跡の蜂蜜」。通常の蜂蜜には含まれていない「MGO(メチルグリオキサール)」という成分が高い殺菌能力を発揮し、服用すればあらゆる病原菌に効果を示すと言われています。
このマヌカハニーには、傷・やけどの患部に塗布すれば早期治癒にも役立てることができるのです。その効能や効果的な使い方についてまとめておきます。

 

 

傷口を殺菌、うるおいを保つ

 

切り傷、すり傷などの出血や膿みを伴うケガの場合、最近では傷口のうるおいを保ちカサブタをつくらない「湿潤治療」が効果的であるという認識が定着してきました。多くの外科でもこの湿潤治療が一般的になっており、市販の絆創膏もラップのように密着して傷口を乾燥させないタイプのパッドが主流になりつつあります。
マヌカハニーを傷口の表面に塗ると、この湿潤治療の効果を高めてくれるのです。
湿潤治療では傷口の確実な殺菌が重要となりますが、高い殺菌能力を持つマヌカハニーなら傷口の細菌も確実に除去します。さらに蜂蜜ならではの高い粘度と保湿性で、傷口の水分を保持してくれます。この上から食品用ラップを巻くとさらに効果的。無い場合は、通常の絆創膏を貼っただけでも殺菌効果・保湿効果は持続します。
自己流の湿潤治療では細菌感染による膿みが懸念されますが、この方法なら安全です。

 

抗生物質以上の殺菌効果で、やけどにも

 

はちみつ全般のやけどへの効能は古代から民間医療とも知られていました。
やけどをするとその後の緑膿菌の感染が危惧されますが、近年の研究でマヌカハニーにはこの細菌への殺菌効果も確認されたのです。
水ぶくれが破裂してしまった場合にも、マヌカハニーを塗布しラップなどで覆っておくことで、跡を残さずきれいに治すことができます。

 

細菌感染を起こすと、治癒まで長引き跡が残りやすくなるばかりか、合併症の危険も伴います。また、外科で処方される抗生物質は耐性菌ができやすく、傷に効かない場合も考えられるのです。
マヌカハニーにはこうした耐性ができる恐れはなく、抗生物質よりも高い殺菌能力を発揮したケースも報告されています。

 

虫刺されには、重曹を混ぜて

 

抗菌作用、感染予防効果のあるマヌカハニーは、もちろん虫刺されの治癒を早める効果も期待できます。かゆみを和らげるには、さらに重曹、水も混ぜて塗ると効果的です。

 

副作用の心配もなく子どもからお年寄りまで使えるため、傷ややけどの際にも積極的に取り入れることのできる万能なマヌカハニー。毎日少量ずつ摂取するばかりでなく、外傷用の置き薬としても活躍してくれます。持ち歩きのしやすい個別包装の少量パックなども販売されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ